2018年5月9日水曜日

第20回 国際浮世絵学会 春季大会のお知らせ

第20回 国際浮世絵学会 春季大会

2018年6月10日(日)
法政大学 外濠校舎5階S505教室
(東京都千代田区富士見2-17-1) JR・地下鉄市ヶ谷駅または飯田橋駅より徒歩10分
どなたでもご参加いただけます。

9;50 受付開始
10:20-10:30 開会の辞 小林 忠 会長
 浅野秀剛 理事長

午前・研究発表    司会)大久保純一
10:30-11:10 「文政期前後の山水名所題絵入狂歌本の出版とその改題・再印
          -浮世絵風景画流行の前史として-」
         Publication and Republication of Kyôka Books 
         with Landscape Illustrations in 1820s
         : Prehistory of the Landscape Prints Boom in 1830s
                             小林ふみ子(法政大学)
11:10‐11:50 「三代豊国の謎を解く-書簡という鍵-」
           Solve the mystery of SanndaiToyokuni
                             神谷勝広(同志社大学)

11:50-12:50   昼食休憩(第40回理事会)S502教室

12:50-13:30   第20回通常総会             司会)田辺昌子

午後・研究発表                       司会)桑山童奈
13:40-14:20  「西南戦争の文化史的側面-
           西南戦争錦絵および諷刺画の多様性 -」
           Cultural History of Satsuma Rebellion 
                           高橋未来(立教大学大学院)
14:20-15:00 「肉筆浮世絵の裏彩色技法をめぐる史的考察」
           A Historical Study of Urazaishiki (Reverse Coloring)
            in Ukiyo-e Paintings
                             廣海伸彦(出光美術館)

15:10‐15:20 第12回国際浮世絵学会賞授賞式     司会)加藤陽介
学会賞受賞者:藤澤紫氏、山尾剛氏
選考経緯ならびに国際浮世絵学会賞授与     小林 忠 会長

第12回国際浮世絵学会賞受賞記念講演
15:30-15:50 「雑談」                                      山尾剛氏(美術店 絵草子)
15:50-16:30    「愛される「美人画」―暮らしとメディア文化―」
                             藤澤紫氏(国學院大學)

17:00- 懇親会        司会)村瀬可奈・西田亜未
会場:市ヶ谷GRATOR(総武線市ヶ谷駅より徒歩3分)
        千代田区九段北4-3-14 市ヶ谷グラスゲート 1F



【大会参加費】 会員は無料です。受付で本年度の会員証をご提示下さい。
        一般の方も歓迎いたします。事前予約不要です。
        当日受付へお越しください。一般\1,000、学生\500
【懇親会参加費】国際浮世絵学会 会員\5,000、一般\6,000、学生一律\3,000







【研究発表要旨】

文政期前後の山水名所題絵入狂歌本の出版とその改題・再印
―浮世絵風景画流行の前史として―
 Publication and Republication of Kyôka Books with Landscape Illustrations in 1820s
: Prehistory of the Landscape Prints Boom in 1830s
小林ふみ子(法政大学)

北斎や広重に代表される天保期の風景版画ブームを先取りするものとして、文政期に風景画を挿絵とする絵入狂歌本やその板木を利用した絵本の出版が盛んに行われた。もちろん墨摺のものもあるが、色板を数枚用い、なかには空摺などの技法も駆使した美麗な本も出されている。岳亭定岡画の『山水寄観狂歌集』(文政3-6年頃刊)が『一老画譜』に作り替えられたことは比較的よく知られた例であるが、他にも北渓画『狂歌扶桑名所図会』(文政7年刊)が4度の改題を経て微妙に摺りに手を加えながら出版され続けたことは、その最たる例といえる。そのことは、風景画を挿絵とする狂歌本・絵本に十分な需要があったということを示す。保永堂版東海道五拾三次の序文が狂歌判者四方滝水米人の手にかかることを考えると、風景版画の出版にあたって版元が狙った購買者層は、こうした全国の狂歌師たちであったのではないかという推測が可能になる。
狂歌に詠まれて描かれた風景には、名所や宿場など特定の場所も少なくないが、名もない山河が多く対象になり始めるのもこの時期のことである。その背景には、18世紀後半に発達した文人趣味において山水を描き、詩に詠むことが、観念の世界だけでなく、現実に山地や郊外を遊歴する行為とつながったことがあろう。この時期に狂歌も漢詩もともに享受者層が地域的にも階層的にも拡大し、そこには当然、交渉や影響関係がある。広重の風景画に文人趣味が底流することが近時論じられたが(佐々木守俊「広重の中国趣味」『美術フォーラム』34号 2016年)、それは漢詩人たちとも交わり、ときに重なり合った狂歌師たちの要請にも適うものであった。風景はこうしたフィルターを通すことで、いわば文雅の世界に昇華され目に見える以上の価値を帯びることになることに言及したい。


「三代豊国の謎を解く―書簡という鍵―」
Solve the mystery of SanndaiToyokuni
神谷勝広(同志社大学)

 三代歌川豊国(1786~1864)は、初代豊国の門に入り、国貞と号し、天保15年(1844)、五十九歳で豊国を襲名する。大久保純一「歌川国貞の画業」(『別冊太陽国貞の春画』、平凡社、2018年)では、三代豊国は晩年「気力・体力の衰えを」嘆きつつも「錦絵揃物を多数」「円熟し」「かつ緊張感をもった筆致で描き上げた」とする。ここに疑義を感じる。気力・体力が衰退する中、なぜあれほど高い水準で大量の作品を生み出せたのか。
 その謎を解く鍵は、従来未紹介の書簡に存在した。版元広岡屋幸助宛三代豊国書簡1通(早稲田大学図書館蔵)、弟子国明宛三代豊国書簡7通(同志社大学図書館蔵)、顧客川喜田石水宛二代国貞書簡1通(石水博物館蔵)を取り上げる。それらから、➀三代豊国は彫師(特に彫竹)を信頼していたこと、②国明が三代豊国を支えていたこと、③富裕な顧客を持っていたこと、などが判明する。個人として衰えを感じつつも、秀逸な作品を多数生み出しえたのは、優れた弟子や彫師などを身近に揃えていたことによろう。三代豊国は、関係者を含めた総合力によって高い水準で大仕事を成し遂げていたのである。もちろん総合力を維持するには、経費がかかる。したがって富裕な顧客の確保も不可欠といえる。そのような顧客へもきちんと対応していたことがうかがえる。
浮世絵に絡む多様な事柄―版元とのやり取り・彫師へのこだわり・弟子の協力・顧客への対応など―にも目を向けることで、浮世絵への理解は一層深まるのではないか。

西南戦争の文化史的側面-西南戦争錦絵および諷刺画の多様性―
Cultural History of Satsuma Rebellion
高橋未来(立教大学大学院)

明治維新から十年という節目に勃発した西南戦争は、誕生から間もない日刊新聞を報道面・販売面などにおいて大きく成長させた。特に東京では大新聞・小新聞が連日戦争の状況を報道しており、その新聞報道を情報源として錦絵、錦絵新聞、草双紙や読本といった書籍類、激戦地を順位付けした番付表など、多様な出版物が出回ることとなった。また報道を下敷きにした講談や説教の流行、西郷らの偽写真、果ては西郷鍋や西郷糖といった便乗商品が登場するなど、“西南戦争もの”の流行は戦地から遠く離れた大都市の人々の生活や文化にも多大な影響を与えていた。
このうち特に錦絵には大判三枚続の判型で大新聞の戦争報道を引用し、西郷ら薩軍諸将の活躍を武者絵のように描いたもの、小新聞の投書欄などに取材し簡易な絵で戦争を茶化して描いたものなど、着想源や表現方法を異にする様々な作品があり、多くの史料が残存している。報告者は全国の所蔵館で行った史料調査で約600種の錦絵を確認し、前者のものを「戦報錦絵」、後者を「諷刺画」と分類するなど、西南戦争錦絵の多様性に着目しこれを近世近代移行期の情報文化に位置づけることを目的として研究を行っている。西南戦争錦絵は近代に入り誕生した新聞と不可分のものでありながら、近世の時事錦絵や戊辰戦争諷刺画の形を大部分で踏襲しており、ここに明治十年という時期の特色が見て取れるのである。
本報告ではこの西南戦争錦絵の様々な類型、及び七ヶ月半に及んだ戦争の中での錦絵の時期的変遷、新聞報道や芝居との関連、そして「西郷星」などの象徴的なテーマに関する典拠調査の結果を、明治初期の錦絵実証研究の一例として提示したいと考えている。


肉筆浮世絵の裏彩色技法をめぐる史的考察
A Historical Study of Urazaishiki (Reverse Coloring) in Ukiyo-e Paintings
廣海伸彦(出光美術館)

文化財の修理はいかなる場合も、作品の損傷をできるだけ緩和し、将来的にそれが進行・拡大するリスクを抑えることを目的として行なわれるが、作業の過程で得られる知見に美術史研究者が学ぶことも多い。この発表では、いくつかの肉筆浮世絵の修理を通じて明らかになった裏彩色技法の実例を報告し、あわせてその機能や意味の質的な変容を問う。
裏彩色の手法は、古代・中世の仏画や肖像画で頻繁に使用されていたことがよく知られるが、近世になって廃れたわけではない。例えば、土佐光起(1617-91)が『本朝画法大伝』(1690年)に筆録し、渡邉崋山(1793-1841)と椿椿山(1801-54)が「襯背」という語をもちいて人物画論を交わしたように、この伝統的な技法は流派を越えて江戸時代の画家たちに認知されたと思しい。浮世絵師も例外ではなく、窪俊満(1757-1820)の『画鵠』(1783年)には、裏彩色をめぐる同様の理解が示されている。
この知識が一定の浮世絵師たちのあいだで共有・継承され、実践に移されたらしいことは、すでにターニャ・ウエダ「肉筆浮世絵の裏彩色」(『國華』第1377号、2010年)などでうかがうことができる。先学が報告するのは、18世紀後半から19世紀に活躍した浮世絵師たちの事例だが、彼らに先立つ画家たちがこの手法に無知だったわけではない。ここでは、新たに菱川師宣(?-1694)などの使用例を紹介しつつ、時代間の機能的な差異や傾向について仮説を述べる。すなわち、単色で均質な賦彩を裏面に重ねた前代の画家たちに対し、描かれた対象の真に迫るべく、裏彩色にきわめて複雑な技巧を凝らしてみせたのが、勝川春章(1743-92)や葛飾北斎(1760-1849)とその門下の画家たちではなかろうか。
端的にいって、肉筆浮世絵の裏彩色技法をめぐって18世紀後半に起こったのは、実用から表現への転換というべき変化である。その具体相を探る試みは、この重要な画期に立ち会ったはずの春章について、あらためてその意義を強調することにもなるだろう。




2017年10月31日火曜日

第22回 国際浮世絵学会 秋季大会 



22回 国際浮世絵学会 秋季大会 
大会テーマ「浮世絵と文学」

日時 20171125日(土)・26日(日)
会場 専修大学神田キャンパス 5号館561教室

【資料代】(二日間共通)
国際浮世絵学会会員:1000円 一般:2000円 学生(一律):500

一般の方も参加できます。事前の予約は不要です。
参加ご希望の方は、当日大会の受付へお越しください。


1125日(土)
総合司会:日野原健司(太田記念美術館・国際委員会委員長)
12301330 理事会
13301340 開会の辞 小林忠(国際浮世絵学会会長・岡田美術館館長)
        理事長挨拶 浅野秀剛(国際浮世絵学会理事長・大和文華館館長)

13401425 研究発表① 司会:内藤正人(慶應義塾大学)
向井大祐(東京藝術大学)
「勝川春章『婦女風俗十二ヶ月図』(MOA 美術館蔵)新考―想定復元模写を通じて―」
14251510 研究発表② 司会:内藤正人(慶應義塾大学)
細田博子(國學院大學大学院)
「鯰絵の作者像についての考察」

15101550 コーヒーブレイク

15501635 研究発表③ 司会:伊藤千尋(永青文庫)
曽田めぐみ(東京国立博物館)
「新出の浅山芦国筆「芝翫帖」について―絵師・書肆・歌右衛門贔屓としての芦国に着目して」
16351720 研究発表④ 司会:伊藤千尋(永青文庫)
佐藤悟(実践女子大学)
「文化元年の彩色摺禁止令と絵本」

1800~ 懇親会 泰南飯店  司会:洲脇朝佳・染谷美穂


1126日(日)
10001045 研究発表⑤ 司会:岡崎礼奈(東洋文庫)
神谷蘭(学習院大学大学院)
「横浜絵・開化絵の景観表現」
10451130 研究発表⑥ 司会:岡崎礼奈(東洋文庫)
堀川浩之(藝術出版社)
「熊耳耕年の画業と生涯」

11301300 休憩

13001345 研究発表⑦ 司会:武藤純子(清泉女子大学)
服部仁(同朋大学)
「『白縫譚』と「白縫八景」」

13451445 基調講演① 司会:藤澤紫(國學院大學)
康志賢(全南大学校)
<膝栗毛もの>の図様継承史と画題」

14451515 コーヒーブレイク

15151615 基調講演② 司会:田沢裕賀(東京国立博物館)
マイケル・エメリック(カリフォルニア大学)
「天保期以降の『源氏絵』ブーム」

16151730 シンポジウム「文学の流行は浮世絵に何をもたらしたのか」
 司会:小林ふみ子(法政大学・国際委員会副委員長)
パネリスト:服部仁(同朋大学)
康志賢(全南大学校)
マイケル・エメリック(カリフォルニア大学)
日野原健司(太田記念美術館・国際委員会委員長)




2017年8月7日月曜日

芸術の秋 2017年度 国際浮世絵学会研究会のお知らせ

芸術の秋
2017年度 国際浮世絵学会研究会のお知らせ
 
2017 年度の国際浮世絵学会研究会は「芸術の秋」と銘打ち、9 月から11 月に開催することになりました。
104回は千葉市美術館、第105106回はあべのハルカス美術館、第107回は町田市立国際版画美術館にて、春信から北斎、明治の浮世絵まで、幅広いジャンルの発表やシンポジウムを行います。会員の皆様は、奮ってご参加ください。



第104回研究会

日時 平成29 9 23 ( 土・祝) 15:00 15:40
場所 千葉市美術館 11 階講堂
内容 発表 「春信を慕う 明和末期~安永初期の浮世絵界」 
田辺昌子氏(千葉市美術館)
   および「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」見学
展覧会は8 階受付で会員証をご提示の上、随時ご観覧ください(当日のみ)。

【千葉市美術館 千葉市中央区中央3-10-8 TEL 043-221-2311

第105回研究会

日時 平成29 10 8 日(日)13:00
内容 「北斎ー富士を超えてー」(あべのハルカス美術館)見学会
※当日13:00 より、あべのハルカス25 階会議室前の国際浮世絵学会専用受付を行います。 会員証の提示で招待券を1 枚お渡ししますので、随時ご観覧ください。
※当日に限り学会員のみ再入場が可能です。美術館入口で半券と会員証の両方をご提示ください。

【あべのハルカス美術館  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16 階 TEL 06-4399-9050


第106回研究会 
日時 平成29 10 8 日(日)14:00 17:00
場所 あべのハルカス25 階会議室
内容 「北斎―富士を超えて―」開催記念 日英シンポジウム「北斎研究の現在」
 14:00 開会の辞
 14:05 研究発表
 「北斎風景画の空間構造」       大久保純一氏(国立歴史民俗博物館教授)
 「北斎筆「潮干狩図」(重要文化財)について」 
秋田達也氏(大阪市立美術館主任学芸員)
 「ボストン美術館所蔵、北斎の未刊の武者絵本について」 
浅野秀剛氏(あべのハルカス美術館館長)
 「社会的文脈における後期の北斎」
アルフレッド・ハフト氏( 大英博物館アジア部
日本セクションプロジェクトキュレーター)
 「北斎―最後の三年間」 
ティモシー・クラーク氏(大英博物館アジア部日本セクション長)
 15:55 パネルディスカッション  
司会)北川博子氏(あべのハルカス美術館主任研究員)
 16:55 閉会の辞

※本シンポジウムは国際浮世絵学会との共催で行われます。
※先に第105 回研究会の受付をお済ませください。
シンポジウム参加には観覧券(半券)が必要です。一般受付は13:30 開始、定員は200 人となっていますが、学会員は専用受付で13:00 開始、席数も別枠で確保しています。ただし、会場定員に達した場合はご入場いただけませんのでご注意ください。

【あべのハルカス美術館  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16 階 TEL 06-4399-9050


第107回研究会

日時 平成29 11 11 日(土) 14:00 15:30
場所 町田市立国際版画美術館 1 階講堂
内容 発表 「浮世絵に描かれた母と子」藤澤紫氏(國學院大學)
   および「明治維新から150 浮世絵にみる 子どもたちの文明開化」見学
※定員は120 名(先着順)です。
※当日13:00 より、国際浮世絵学会専用受付を行います。
 会員証の提示で招待券を1 枚お渡ししますので、随時ご観覧ください。


【町田市立国際版画美術館 東京都町田市原町田4-28-1 042-726-0860